西遊記を語る!!広大な妖術と無双の剛勇に敵うものはない!!天下無敵の斉天大聖!!

世界一強い猿がいる。

それが西遊記の孫悟空である。

自ら斉天大聖と名乗って天上界の武神たちを蹴散らし、数多の妖怪どもを葬り去ってきた武勇と妖術の恐ろしさは筆舌に尽くしがたいほどだ。

こんなとんでもない奴が筋斗雲の法で空を飛び、身外身の法で分身する―――あまりにも強大なパワーにたまげたものである。

本記事では悟空の恐ろしさと頼もしさについて述べさせてもらう。

★天竺行きに欠かせない存在

悟空は強さだけでなく、機転にも優れている。

問題発生時の解決力と妖怪が化けた人間の正体を見抜く観察眼は目をみはるものがある。

短気で喧嘩っ早い性格という欠点があるものの、天竺への旅には欠かせない存在であったことは間違いがない。

もし、悟空を連れていなかったら、三蔵の一行は妖怪に殺されていたことであろう。

道中には八戒と沙悟浄では手も足も出ない強敵だらけで悟空でなければ太刀打ちできないからだ。

★誰彼構わず攻撃する

この猿の最も怖ろしいところは「相手が誰であろうと気に入らない者には武力行使」という点である。

天上界の神々だけでなく、釈迦如来にまで啖呵を切るという反逆精神の塊のような奴で、敵に回したらとんでもないことになってしまう。

悟空と戦うことは自ら命を捨てることに等しく、地獄を見ることになるのだ。

★広大無辺の妖術

おなじみの筋斗雲、身外身の法(分身の術)の他にも変身したり、どんな苦痛にも耐えられる術を使い、天上界の神々や天竺行きを阻む妖怪たちとの戦いを制した。

★人徳(猿徳)がある

花果山でお山の大将だった時に猿仲間から慕われ、頼りにされていた。

天竺行きの時も八戒・沙悟浄・玉龍から「兄貴」と呼ばれ、頼られた。

★終わりに

怖いもの知らずな悟空は、無双の戦闘力と激烈な気性の持ち主で「歩く凶器」そのものである。

不死身で不老不死という点も見逃せない強みであり、感情の起伏の激しさは妖怪でありながら非常に人間らしいといえよう。

西遊記は妖術バトルによる中華ファンタジーである。

そのスケールは広大で、人知を超えている。

悟空の存在は天地よりも大きく、燃え盛る火炎の如く怖ろしい。

天竺への旅は果てしなく長い。

悟空と共に、その道のりを歩もうではないか。

西遊記 DVD-BOX I [DVD]

価格:13,145円
(2022/7/22 12:28時点)
感想(1件)

閑話休題。フレッツ光に関する記事はこちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43