• 金. 5月 31st, 2024

乱世の風

「社会風刺」「商品レビュー」を中心としたブログ。将来的には風変わりなカテゴリーばかりの摩訶不思議な世界を構築する。

職場で殴られたことがある人におすすめ!!対処するための方法について解説!!

会社で喧嘩を売られ暴行を加えられたということはないだろうか?

自分は悪くないのに武力による弾圧を受けたという不快な思いをした人がいたら、この記事を読むべきである。

本記事では、殴られた原因となる事柄及び対処方法について述べている。

なぜ、殴られたのか分からない人やどうすればいいのか知りたい人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

★殴られた原因

そもそも、殴られたのはなぜか?

原因が自分にあることが考えられるので、身に覚えがあったら誠心誠意謝罪しよう。

先に手を出した

殴ったら殴り返される。

当たり前である。

相手は自身を守るために腕力に訴えたのだ。

いじめられている

社内いじめの標的にされている。

上司や同僚が元ヤンキーの場合にこういうことが起きやすい。

教育を受けていないので、暴行が悪いことという認識がないのだ。

取り返しのつかないことをした

仕事で致命的な失敗をしてしまった時に、上司が感情的になり思わず手が出てしまったというケース。

悪いのは自分だが、殴るのはやりすぎといえる。

感情を制御できない者が権力を持っていると、こういう目に遭いやすい。

相手を侮辱した

人権侵害・人格否定・各種ハラスメントで怒らせたことにより、相手が武力行使に出たということが考えられる。

このほかにも身体的特徴や相手の家族をけなした時、業務と関係のないことでけなすのも反撃を招く要因となる。

理不尽なことを言った

変えられないことをけなしたり、無理難題を押しつけてキレられた。

大人しい人に傲慢な態度を取ったら思わぬ反撃に遭った時もこのケースにあてはまる。

攻撃的な振る舞いが怒りを買ったのだ。

悪事を報告したのがばれた

いわゆる「お前、チクっただろう?」という奴である。

逆恨みされて暴行を加えられるのだ。

余計なことは見聞きしないのが一番といえる。

詰問した

問い詰めるような口調も自らを追い込む要因となる。

特に、気が強い性格の女性によくありがちで、相手の言い分を全く聞かずに早口でまくし立て、頭ごなしに怒鳴りつけるのは武力行使の被害に遭いやすい。

なぜなら、追い詰められた相手がそうしないと自分の身が危ういと思ってしまうからだ。

強制的に従わせた

社内イベントの強制参加や残業を無理矢理やらせた時にも武力行使のおそれがある。

他にも誰もが嫌がる業務の押しつけや身に覚えのないことに対する謝罪要求も殴られる要因となる。

こうして、他人の自由を侵害したことによるトラブルが発生するのである。

立場を利用して無茶を言った

上司や先輩の立場を利用して奴隷扱いしたり、正社員であるのをいいことに派遣社員やアルバイトに高圧的な態度を取る奴も攻撃されやすい。

反逆心に火をつけたことが問題の原因なのだ。

★対処方法

会社で殴られた時にどうしたらいいのか?

対処方法について以下で述べる。

証拠を残し、裁判の準備をする

傷口の写真を撮影し、証拠を残すのだ。

人の身体を傷つけると傷害罪に該当する。

罰則は15年以下の懲役または50万円以下の罰金だ。

最初から怪我をさせようとした場合だけではなく、暴行の結果、傷害の結果が生じた場合でも傷害罪は成立する。

刑法でいう「傷害」とは、人の生理的機能を害することをいう。

身に危険を感じた場合、録音・写真など記録を残せるようにしておこう。

相談する場合、証拠が何よりも必要になる。

周りに人がいても、報復が怖くて声を出してくれない場合がある。

自分でできるだけのことをしておくのをおすすめしたい。

  • 万が一に備えて、携帯の録音機能をホーム画面に置いておく
  • 無音カメラアプリをダウンロードする

この2つの方法を用意しておき、裁判の時の証拠にしよう。

自分が原因の場合、ひたすら謝り倒す

うっかりミスなどのしょうもないことで怒らせたのが原因の場合、謝りまくるのが手っ取り早い方法である。

下手に反撃すると、「悪いと思ってない」と判断され、孤立してしまうからだ。

正当防衛の範囲で応戦する

正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自分又は他人の権利を守るため、やむを得ずにした反撃行為のことをいう。

刑法第36条1項では、反撃行為が正当防衛にあたる場合、その行為が形式的には違法であっても実質的にみれば違法ではなく、犯罪は成立しないため、反撃した者を処罰しないと規定している。

腕に自信があるなら、この範囲で戦うのだ。

社内の相談機関に相談

社内相談窓口は、パワハラやモラハラなどのハラスメント、また仕事や職場環境が起因となるストレスやメンタル不調など、従業員が社内で抱える問題について対応する窓口である。

健康経営が注目される昨今、従業員が心身ともに健全に働ける職場環境をつくるために、社内相談窓口のような取り組みが企業から重要視されるようになった。

この機関に頼るのもひとつの手段である。

労基署を利用する

労働基準監督署(略:労基署)に相談しよう。

労基署は企業が労働基準関係法令に基づいて適切に雇用を実施しているかどうかを監督する機関。

暴力が振るわれるほどの劣悪な職場環境なら対応をしてくれ、会社側に指導をしてくれる場合もある。

他にも労働組合や労働弁護士なども、雇用問題の専門家。複雑な労災保険の申請や、会社との交渉がスムーズに行えるだろう。

労災申請

労災保険とは、仕事中や通勤途中に起きた出来事が原因の怪我・病気などに払われる保険のことだ。

暴力を受けた際の治療費を、労災保険で負担できる場合がある。

申請が認められれば治療費が無料になり、休養期間の給料が最大8割受け取れるケースも存在する。

さらに労災で休んでいる期間は解雇できない法律もあるので、安心して治療に専念できるだろう。

診断書をもらい、治療代を請求

できるだけ早く病院に行き、診断書を書いてもらおう。

診断書も、証拠の1つとして有効だ。

けがの状況、治療期間、受傷原因などが書かれた診断書から、けがの状況を示せる。

治療費を請求する場合にも必要なので、暴力を受けたら病院で治療を受けよう。

退職する

暴行事件が起きる会社など辞めてしまうのが得策である。

自分を守ることは会社よりも大事なので、一目散に逃げてしまおう。

★おすすめの退職代行業者

職場で起きる暴力行為から逃れたい人におすすめなのが退職代行だ。

退職代行は文字通り「会社を辞めることを代行する」業種なのだが、本記事で紹介する退職110番は弁護士運営であるため、確実に退職でき、慰謝料請求も行える。

これさえあれば「労働基準法を無視する理不尽な馬鹿企業」など全く怖ろしくないのだ。

退職110番の特徴について以下で述べる。

退職110番とは?

労働問題専門の弁護士法人が運営する安心・確実な退職代行サービス。

未払い金請求や慰謝料請求など、各種請求・交渉に完全対応可能である。

弁護士資格を持たない代行業者と異なり、会社側の不当なNOを、弁護士として法的に退け、確実な退職に結びつける事ができる。

正式な申し込みの当日からサポートが開始され、メールでのやり取りのみで、退職までの手続きを終えられる。

また、有給休暇の残りを使用したり欠勤扱いにすることで、退職日まで出社する必要がないケースも多々ある。

離職票の請求や、会社所定の退職手続き書類の手配なども弁護士法人だからこそ、全て任せられる。

自身が会社とやり取りをする心配がないのだ。

退職110番は、社会労務士および弁護士資格を有する為、様々な労働問題に関する知見・ノウハウを有し、かつ、法律上のトラブルに対してもしっかりと対応してくれるという心強い存在なのだ。

弁護士運営が優れている理由

一般企業の退職代行には法的な処置を頼めない。

これを一般企業が行うのを非弁行為といい、犯罪である。

「弁護士資格のない業者(=非弁業者)」はもちろんの事、「弁護士監修」や「顧問弁護士」を前面に打ち出した一般法人などでは、退職のアドバイスや本人の意思を会社に伝えることはできても、法律に関わる具体的な対応は弁護士法に違反する可能性が高く、不要なリスクを抱えてしまう(依頼者も、退職の無効や会社から懲戒解雇・損害賠償請求をされる危険が生じる)。

より有利な条件で退職を進める為にも、弁護士法人運営の退職110番に依頼することを強くおすすめしたい。

料金について

一律税込み43800円(内容証明郵便含む)

万が一、「退職する」という希望に添えなかった場合は、全額返金。

オプション費用

残業や給与の未払い金請求、退職金請求、ハラスメントによる慰謝料、労働災害保険の申請など、通常の退職代行内容とは異なる「金銭が絡む請求」については、契約費用とは別に成功報酬が発生する。

また、会社からの損害賠償への対応や借入金返済の交渉など、各種交渉業務に関しても、それぞれのケースに応じた金額を掲示されるので、別途相談しよう。

支払い方法

クレジットカード(VISA、JCB、MASTER、AMEX)

この方法しかないので、カードを持ってない人は利用できないのが欠点だ。

全国対応!!いつでもどこからでも申し込み可能

日本全国、どこに勤めていても退職できる。

全国対応型のサービスなので、気軽に申し込める。

今すぐ申し込みたい人は↓こちらをクリック。

閑話休題。社畜の特徴に関する記事はこちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43