• 木. 7月 25th, 2024

乱世の風

「社会風刺」「商品レビュー」を中心としたブログ。将来的には風変わりなカテゴリーばかりの摩訶不思議な世界を構築する。

人生の負け組確定!!底辺職の特徴・避けるべき理由・業種について解説!!

まるで、身分制度のあった時代の奴隷のような仕事をしている人は、負け組決定である。

いわゆる底辺職と呼ばれる職業で、無様でかっこ悪く、情けない姿が自身を惨めにさせる。

重労働の割に休日が少なくて給料も雀の涙程度のため、虚しくなってくるのだ。

本記事では、底辺職の特徴・避けるべき理由・あてはまる業種について述べている。

現在、従事している仕事を続けるべきか否かを知りたい人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

関連記事:従業員が底辺ばかりの会社の特徴はこちらをクリック。

★底辺職の特徴

きつい・汚い・危険といった「3K」にあてはまる仕事は全て底辺である。

汚物の処理や重い物の運搬、命がけの高所作業などは3Kに属しており、誰もやりたがらない。

もちろん、従事しているのは、中卒・高卒の低学歴で職業選択の幅が狭いのがその理由だ。

底辺職は働いている人の扱いもひどく、福利厚生がいい加減で労働時間が長すぎるという生き地獄を味わう羽目になる。

人権が完全無視された状態になるので、何のために生きているか分からないという有様に陥るのだ。

★避けるべき理由

従事すると、負け組決定だからだ。

会社の奴隷となり、労働マシーンとして自分の意思を押し殺す人生を歩むことが決定されるのである。

底辺職はブラック企業であることが多く、労働力の搾取をされてしまう。

定年までこき使われて、いじめのような扱いを我慢しなければならないという境遇に耐え続けていると、心が荒み、気が狂いそうになる。

「まじめに勉強していればホワイト企業に入れたのに」などと中年になってから思ったところで、何もかもが手遅れになっており、悔やんでも悔やみきれないのだ。

★底辺にあてはまる業種

底辺職とは一体何だろうか?

この世にごまんとある職業の中で底辺職にあてはまるものはどんな仕事なのか?

共通するのは、若者が絶対にやりたがらない・やってはならないということである。

人生を棒に振り、得られる物が何もない仕事の数々から代表的なものを以下に掲載する。

警備員

底辺職の最も有名なものといえば警備員である。

中年と高齢者が従事していることが多く、施設内や工事現場、イベント会場でよく見かける。

夏でも長袖で働かなければならない現場もあり、熱さに耐えなければならない。

また、真夏に工事現場や駐車場の車両誘導は地獄そのもので熱中症になってしまうことや車にはねられるリスクが存在する。

事件が何もなければ気楽だが、落命の危険性があるのに給料が安く、スキルも身につかないので底辺職に含まれるのだ。

清掃員

清掃員も底辺職と呼ばれる仕事のひとつだ。

特に、トイレ掃除は罰ゲームのようで誰もやりたがらない汚物の処理をしなければならない。

ごみ処理や嘔吐物の対処もさせられ、頭がおかしくなりそうな業務といえる。

土木・建築・現場作業員

建設業界の仕事は、まるで「身分制度のあった時代の奴隷」そのものだ。

炎天下で熱さから逃れる手段がなく、冬は寒さに苛まれる。

また、昭和の体育会系の考え方を変えられない人がいることからパワハラが横行しており、暴行を受けることもあるといわれている。

ゆとり教育の世代には絶対に勧められない業務といえる。

コンビニ店員

ハードで覚えることが多く、給料も安いという理不尽な仕事である。

コンビニは様々な人が来店することからクレーマーや酔っ払いの相手もしなければならない。

特に夜中は変な人が来店する確率が高いので、ろくな仕事ではないのだ。

介護員

介護は底辺職の最たるものである。

安月給でハードな業務に従事させられ、汚物の処理と認知症になった高齢者の相手をするだけでなく、夜勤もあるという苦痛に満ちた職業だ。

人間関係も悪く、気が強い女が強権を持ち、専門知識皆無の天下り役人が幹部を務めている。

2025年に後期高齢者が増えると、今働いている職員だけでは業務が回らなくなるにもかかわらず、職員にとって気に入らない人をいじめてやめさせるという、馬鹿げた慣習がなくならないのが底辺たる所以なのだ。

飲食店員

飲食業界も底辺である。

目が回るような忙しさに加え、クレーマーの相手もしなければならない。

召使いのような業務内容である時点で高尚な仕事とは言い難く、負け組業務に含まれているのだ。

スーパーの店員

レジ打ちや品出しはスキルが何も身につかず、誰でもできることから底辺の仕事といえる。

くわえて、正社員になれないという大きなデメリットが存在する。

時給いくらの生活では裕福になれないので、底辺職に踏まれるのだ。

★終わりに

どうだっただろうか?

底辺職について理解が深まっただろうか?

もし、現在の仕事が底辺職である、という人がいたら即刻脱出すべきである。

近頃、流行りの退職代行に頼るのもひとつの手段であり、退職代行110番なら弁護士運営であるため、安全に辞められる。

退職110番の詳細は↓こちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43