• 水. 2月 21st, 2024

乱世の風

「社会風刺」「商品レビュー」を中心としたブログ。将来的には風変わりなカテゴリーばかりの摩訶不思議な世界を構築する。

通夜と葬儀の際に贈る花の種類・マナー・タイミングを解説&おすすめの弔花5選!!

故人の冥福を祈り、見送るためにたくさんの花が供えられる。

花を贈る側になった時には、どんなものを用意すればいいのか、気をつけねばならないことは何かといった疑問に思うことが山のように存在する。 

本記事ではおすすめの花とマナーとして守らねばならない注意点について述べており、それらの解決を図っている。

故人に花を贈りたい人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

失礼のないようにするためにも、正しい知識を身につけよう。

★弔花とは?

お通夜や葬儀時に贈るお供え花のことを弔花(供花)と呼ぶ。

通夜・葬儀・告別式へは籠花やスタンド花を贈る。

いずれも地域性があり、遺族の意向もあるため、贈り主の一方的な好みや考えは通用しない。

弔花は金額のみを指定してあとは任せるのが一般的だ。

★弔花を贈る時のマナー

供花を贈る際に押さえておきたいマナーについて紹介する。

不安な人は是非読んでほしい。

相手の宗派を考慮する

仏式の場合は、白をベースとした落ち着いた色調が一般的である。

使用する花は菊や蘭、百合、カーネーションなどだ。

自分で選ぶ際には華美にならないよう注意しなければならない。

薔薇などのとげがある花は供花には相応しくないという考え方もあるが、リクエストがあれば飾っても構わない。

また、毒がある花、ツルがある花、匂いが強い花も仏事には向かないため避けるべきだ。

神式も仏式と同様に、白菊、カーネーション、百合、カスミソウなどさまざまな花を使用する(樒は毒性がありますが供花に使われます)。

キリスト教ではカーネーションや百合、胡蝶蘭などの白やピンクの花を用いることが多く、菊は使用しない。

また、キリスト教式の供花は、コンパクトなバスケットフラワーで自宅に贈るなどのかたちがある。

仏式の場合供花に名札つけるが、キリスト教の場合は教会に飾る場合には名札を付けない。

ただし、相手の自宅に送るのであればそのかぎりではないのだ。

供花は1基で贈ってもいい

以前は、供花を一対(2基)で贈り、祭壇の両端に並べるのが一般的だったが、近年は一基のみで贈るのが主流となっている。

また、一対で贈るためには費用も倍かかるため、負担も大きくなってしまう。

供花の相場を大きく超えるものを手配するのは遺族を驚かせるので、相場感と関係性を踏まえて適切な供花を選ぶのがよい。

また、会場の広さによっては手狭になるため一基のみで受付をしている場合もある。

供花は連名で贈ってもいい

供花を連名または一同として出す場合の札名の書き方について紹介する。

親族で贈る

親族が供花を贈る際は、一同とするのが一般的。

人数が少なければ名前を連ねるケースもあり、その場合は、目上の人から順に右から左に書く。

故人の子供、兄弟、親戚など連名で供花を送る場合は「兄弟一同」「いとこ一同」などと書くのが一般的。

子供の場合は、一番右から長男、次男、三男という風に年齢順に書いていく。

会社で贈る

会社として供花を贈る場合、正式な会社名、代表者の役職と氏名などを添える。

部署として贈りたい場合は会社名に加えて部署名を記入する。

△△部一同といったかたちか「有志一同」とするとよい。

友人で贈る

友人から贈る場合、友人一同として贈るのが一般的だ。

学校名やクラス、部活などの名称を入れるのもよい。

人数が少なければ連名でもかまわない。

夫婦で贈る

夫婦で供花を送る際には連名で贈ろう。

外国の人が贈る場合

葬儀の立札は縦書きのため、アルファベットなどは不向き。

カタカナ表記にして注文をしよう。

★弔花はいつ贈るのか

供花は通夜が執り行われる前までに、届いている必要がある。

したがって、開始時間の最低3時間前までを目安に依頼するようにしよう。

万が一間に合わなかった場合は、通夜の翌日の葬儀に間に合うように手配するか、後飾り祭壇一式に供える花として、式場ではなく喪家宅に届けてもらうという方法もあるのだ。

★見栄を張る必要はない

供花は故人に対する敬意と哀悼の意を表すものなので、誰がいくら金をかけたかを競ってはならない。

目的を逸脱しないよう、思いやりを持つことが肝要だ。

そのためには、相手の宗旨や宗派はもちろん、土地の風習や会場の都合を考慮しなければならない。

マナーを守り、思いやりの気持ちをもって供花を贈るのだ。

★どんな種類があるか?

弔花の種類について解説する。

供花

供花は、祭壇やその周囲を飾るために贈る生花のことで、スタンドタイプとアレンジメントタイプの2種類から選ぶのが通例とされている。

供花は1基単位で数え、2基で一対と数える。

かつては祭壇の両サイドをバランスよく飾るために1対で贈るのがマナーとされていたが、現在は1基で贈っても咎められることがない。

供花を贈る際は、葬儀社または花屋に直接注文する。

葬儀社によっては、指定業者以外からの供花を受け付けない場合もあるので、葬儀社に確認することをおすすめしたい。

故人の好きな花を贈る場合もあれば、祭壇全体の雰囲気を統一するために花が指定されることもある。

花輪

花輪は、葬儀会場である斎場の入口や自宅の外にスタンドを立てて飾る大型の弔花のことを指す。

造花で作った花輪を繰り返し使用するので、費用は生花を使用する弔花に比べて抑えられている。

花輪を贈るのは、会社や組織の代表のようにある程度地位のある人物が個人名で贈るか、部署やグループに所属する複数の人または親戚の中で子や孫など同じ立場の人などが連盟で贈るのが一般的とされている。

花輪の手配は葬儀社に依頼するのが無難である。

花屋に依頼する場合は、花輪の設置場所や設置作業などについて現場で混乱が起こらないように、葬儀社に外部の花輪を受け入れているか確認しなければならない。

枕花

枕花とは、遺体を安置する際に枕元に供える花で、訃報を最初に受けた近親者が贈る弔花のことだ。

枕花を贈る際は通夜までに届くように手配する。

故人が病院や施設などで亡くなった場合は、自宅や遺体安置所に遺体を移送するまでの時間を考慮して、枕花を贈ることが大切だ。

遺体を安置する前に届いてしまうと、まるで亡くなることを予測していたようにとられてしまうおそれがあるので、手配のタイミングには細心の注意が必要となる。

また、枕花に添えて贈り主の氏名と故人への哀悼の意や遺族への慰めのメッセージを書いたカードを贈ることも怠らないようにしたい。

故人や遺族と近い人からの言葉は遺族の癒しになるので、必ずメッセージを添えるようにしよう。

また、枕花を葬儀後に自宅の遺影の脇に飾る遺族も多いので、邪魔にならない程度のボリュームにすることを配慮すべきだ。

花の種類によっては寂しい感じになる可能性があるので、白にブルーや淡い色の花を組み合わせたものが好まれる傾向にある。

献花

献花は、主にキリスト教の葬儀で行われる作法で、参列者が一人ずつ祭壇に進み花を手向ける儀式のことだ。

仏式の焼香、神式の玉串奉奠のような意味がある。

献花の花は喪主が用意するので、参列者が持参する必要はない。

献花の方法は、自分の順番が来たら祭壇に進み出て花を一輪受け取り、祭壇の前で遺影に一礼し、献花台に横一列に花を並べるようにして供える。

献花に使う花の種類は、茎のしっかりした菊やカーネーションなどを使用するのが一般的とされる。

★おすすめ3選

美しい状態の生花に特殊な防腐処理を施したプリザーブドフラワーは、「痛む」「腐る」「枯れる」「虫がつく」「花粉が落ちる」いうことがない。

水替えの手間がなく、繊細で瑞々しい美しさを長く保ってくれる。

伝統的な和風仏花やマンションにも置けるコンパクトな仏壇用の仏花、流行りの仏花など、アレンジも多彩だ。

実用的で長く飾ることができるプリザーブドフラワー仏花は喜んでもらえるお供えになるのだ。

和風 プリザーブドフラワー 仏花 凛(りん)花器付

落ち着いたスリムシリンダーの花器・輪菊、ピンポンマムが2輪、カーネーション、ローズと5輪のお花がしっかりと入ったアレンジ。

サイズも大きすぎず、 小さすぎることもなく、伝統的な仏壇に飾っても決して見劣りしない。

スリムな花器は比較的置く場所を  選ばず飾ることができる。

前面からしか見ることのない供花だが、背面も美しくアレンジされているのだ。

■サイズ

全体約幅20cm×高35cm

花器サイズ

約直径7cm×高さ12cm

■主な商品・材料

ローズ(プリザ)、ジニア(プリザ)、輪菊(プリザ)、アジサイ(プリザ)、カスミ草(プリザ)、 アジアンタムスプレー(アート)、ピンポンマムピック(アート)、供花ピック、タッセル、リボン など

■セット内容

「和風 プリザーブドフラワー 仏花 凛(りん)花器付」 和風プリザーブドフラワーアレンジメント

価格は8480円。

公式サイトでGET!!

和風プリザーブドフラワー 仏花 華麗(かれい)

中央には輪菊やピンポンマムに薔薇、アジサイや後ろのグリーンはアートフラワーなので、しっかりプリザーブドフラワーを守ってくれるようアレンジされている。

ハスの実も添えてお供えらしいデザインだ。

■サイズ

幅35cm×高さ35cm×奥行25cm

■主な商品・材料

胡蝶蘭(アート)、輪菊(プリザ)、 ピンポンマム(プリザ)、バラ(プリザ)、 アジサイ(アート)など

価格は18480円。

公式サイトでGET!!

和風プリザーブドフラワー仏花 紫檀(したん)

ネイビーにゴールドのゴージャスなフラワーベースに赤紫の紫檀色が美しいフラワーアレンジ。

モンステラにアジアンタム南国系のファーンとモダンオーキッド、アジサイとマムはアートフラワー。

紫のデンファレや輪菊、小菊にパープルグラデーションカラーのカーネイションは全てプリザーブドフラワーとなる。

繊細な造りのアートフラワーと組み合わせてさらに長持ち、水やりなどの手入れ不要で長く飾れる。

■サイズ

約幅28cm×高さ35cm×奥行18cm

■主な商品・材料

モダンオーキッド(アート)、 デンファレ(プリザ)、小菊(プリザ)、 輪菊(プリザ)、 カーネーション(プリザ) など

価格は16980円。

公式サイトでGET!!

★終わりに

本記事で紹介したのはベルビーフルールというプリザープドフラワーの通販サイトである。

ベルビーフルールに関して詳しくは公式サイトにアクセスしてほしい。

公式サイトは↓こちらをクリック。

閑話休題。見舞いの品にふさわしい物に関する記事はこちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43