• 木. 7月 25th, 2024

乱世の風

「社会風刺」「商品レビュー」を中心としたブログ。将来的には風変わりなカテゴリーばかりの摩訶不思議な世界を構築する。

男性社員をいじめるお局の特徴・行動パターン・対処方法について解説!!

男をいじめるお局様に苦しめられている人が会社を辞めてしまう事例は多いという。

お局様は、まるで則天武后・西太后・妲己のような権力に物を言わせていた女帝たちの現代版である。

本記事では、会社のお局の行動パターン・いじめられないようにする対策・標的にされた際の対処方法について述べている。

所属の部署にいるお局との付き合い方に困っている人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

関連記事:男をいじめる女の特徴に関する記事はこちらをクリック。

★お局の特徴

お局と呼ばれる鬼婆にはどんな特徴があるのか?

以下にあてはまる奴が御社に居たら要注意だ。

プライドが高い

お局は自分大好きで女のプライドの塊である。

そのため、自分の非を認められず、謝ることもできない。

女王様気取りで人を見下し、目上にも容赦がなという高飛車女である。

イケメンには優しい

他人に冷たいお局だが、イケメンには優しい。

人を顔で判断し、私物化しようと企んでいる。

イケメンの前では猫なで声を出し、流し目で媚びまくる姿を目撃した同僚たちは呆気にとられたにちがいない。

人に厳しく、自分には甘い

人の失敗には手厳しい態度を取るが、自分のミスには非常に甘い。

鬼の首を取ったように騒ぐので、精神的なダメージが大きく、自尊心に大きな傷がついてしまう。

そのくせ、自分の時は言い訳してごまかしたり、責任を誰かに押しつけるといった有様には呆れて物が言えないのだ。

自分の居場所を守りたい 

嫌がらせをするお局には「自分の居場所を守りたい」という心理を持つ人も多い。

長く勤めていることが自慢で、自分は会社にとって必要な存在であるという自負を持っている。

そのため自分の立場を脅かす存在には、嫌がらせをしたり、きつくあたったりして徹底的に排除しようとするのだ。

心に余裕がない

誰でも悩み事で頭が一杯になると、他人を気遣う余裕はなくなってしまうものだ。

お局は心に余裕がないので、後輩や新人につらくあたっている。

仕事やプライベートで大きなストレスを抱えており、些細なことでもイライラして、八つ当たりしているのである。

もちろん、仕事に私情を持ち込むのは社会人としてあってはならないことであり、立場を利用してストレスを発散するのは決して許されることではないのだ。

コンプレックスがある

お局は年齢や容姿などに、コンプレックスを抱えていることが考えられる。

同じ職場に若い世代がいるだけで、劣等感を覚えて、ネガティブな気持ちになるのだ。

そのため新人社員は、お局のいじめやパワハラの標的にされやすいだろう。

承認欲求が強い

お局の心理には、「自分は優れている」「もっと評価されるべき」という強い承認欲求がある。

しかし、結果が伴っていなければ、周囲から思うような評価はされないだろう。

そのため、自分が優れていることを認めさせようとして後輩や新人に高圧的な態度で、承認欲求を満たしているのだ。

職場の居心地が良い

お局と呼ばれる女性社員は、プライベートな時間が充実していない傾向がある。

職場に居心地の良さを感じてるから、強く執着してしまうのだ。

職場以外に自分を必要としてくれる場所がないので、視野が狭くなってしまうのであろう。

後輩を言いなりにしたり、幅を効かせたりと、職場を私物化してしまうのである。

狂暴過ぎて管理職も手に負えない

お局様の存在は、まさに怪獣で、毎日オフィス内で暴れまわっている。

勤続年数が長いことから発言力があまりにも強すぎて誰も逆らえない。

意見しようものなら何をされるか分からないので、管理職はおろか、経営陣ですら手に余る。

勇気のある人が諫言したところで事態は好転せず、発狂状態となって業務がストップしてしまう。

社内で虎を飼っているに等しい問題に、関係者一同は頭を悩ます毎日だ。

★お局になりやすい人

不安や恐れが非常に強く、劣等感の強い人がお局になりやすい傾向がある。

お局は「特別な人間だと認めてもらいたい」「褒められたい」という欲求が非常に強い。

この根源には、何かしらの深刻な劣等感があるのだ。

★お局の行動パターン

お局はどんな言動をするのか?

以下にあてはまったらお局である。

ヒステリーを起こ

お局は気分屋で感情的なので、びっくりするようなタイミングで、急に怒りだす。

注意する口調が厳しくて、周りから嫌われている女は間違いなくお局だ。

ヒステリーはお局の代表的な得意技。

一度火がつくと、もう誰にも止められない。

意地悪をする

グループ内で無視されたり、業務用のデータを消される・仕事の邪魔する・変な噂を流されるといった嫌がらせをする。

好き嫌いが激しいお局は、自分のことを好いてくれてる(もちろんみんな建前)人に対してはとっても親切だが、嫌いな人に対しては冷たくあしらっている。

お気に入りの後輩は大事にするのだが、嫌いな人には敵意剥き出し―――それもお局様の特徴である。

気が合わなくても仕事の邪魔はしないでほしいものだ。

男性陣に気を遣わせる

レディーファーストを強要し、お姫様扱いされることで気分がよくなっている。

中年になっても「女の子」とは頭がおかしいとしか思えない。

自分の歳を考えろ、と言いたくなる言動もお局の特徴のひとつなのだ。

陰口を言っている

人が話しているのを盗み聞きして、まだ噂の段階の話を広める。

「私いじめられてるんです」と偉い人に言いつけたり、共通の知り合いに悪口を言ったりしている。

また、味方のふりをして話を引き出して、効いたことの全てを言いふらす。

陰口や噂話も、お局の大好物だ。

嫌味や小言を言

自分は給湯室で長話に夢中なのに、他の人がコーヒーいれに行ったら「早く戻れ」とほざく。

有休消化や早退をする人に、嫌味を言う。

余計な一言で不快にさせるのだ。

仕事を回りに押しつける

自分がやりたくない仕事を弱い立場の者にやらせる。

楽をして働いた気になるのもお局の特徴だ。

もちろん、問題が発生した時の責任は全て目下の者に押しつける。

己がよければ人はどうなってもかまわないという生き物なので厄介事に巻き込まれた時は運が悪かったと思って腹をくくるしかないのだ。

言い訳だけはやたらと上手い

自分の仕事にミスがあったことが発覚すると、強引な言い訳に終始する。

誰かのせいで自分がこうなったという類の論調で責任逃れを目論む。

何としてでも自分の立場とプライドを守ろうとして非を認めない。

意地でも窮地から助かろうとする根性は見上げたものだ。

自分は正しいと思っている

なにがなんでも自分の主張を曲げず、他人の意見は全否定だ。

誰が何を言おうと自我を貫き、己に意見する者は敵視される。

意見が通らないと感情的になって喚き散らし、相手の人格否定をしてでも自らを正当化するのだ。

お局にいじめられるタイプの男性社員とは?

顔面偏差値が低い人や能力がいまいちな人はいじめの標的にされやすい。

他にも反抗的な人(言うことを聞かないから)や気が利かない人(女王様扱いしてくれないので、自分の思い通りに動かない)も攻撃される傾向性がある。

お局に嫌われたときの対処法

職場でお局に嫌われたり、標的にされた時の対処方法は以下のとおりだ。

仕事をミスなく完遂する

仕事の失敗を失くし、攻撃される隙を与えないようにすることが被害を減らすのに効果的な方法だ。

ミスをすることは人格否定のきっかけを与えてしまうので、絶対にうっかりミスをしないように気を付けよう。

嫌味は聞き流して割り切る

まともに聞いていると、精神を病んでしまう。

何を言われても聞き流し、取り合わないようにするのが得策だ。

嫌がらせ履歴を記録しておく

パワハラの証拠を残し、いざという時に訴えられるようにしておくのも重要だ。

ボイスレコーダーやスマホ・メモ用紙に攻撃された内容や日付・時間を記録しておくのだ。

可能な限り接点を持たない

どうしても話さなければならない用事ができた時以外は、極力無視をするのが賢明といえよう。

関わるのは時間の無駄なので、必要最低限の関わりにとどめるのだ。

上手に褒めて承認欲求を満たす

お局は、自分の価値を認めてくれる相手に対しては心を許してくれる場合がある。

過剰すぎると逆に不信感を抱かせてしまうので、適度に褒めて承認欲求を満たしてやろう。

仕事に関することはもちろんだが、ファッションやメイク、持ち物に触れてみるのも効果的だ。

仕事の相談をして自分を下に見せる

お局は、自分より下に立ち、頼ってくれたり尊敬してくれたりする存在を放ってはおけない。

例えば、「〇〇ができないのですが、〇〇さんのように上手くやるにはどうすべきでしょうか?」などと相談を持ち掛けると、喜んで話を聞いてくれ、距離感も縮まるだろう。

気にしすぎず適度な距離を保つ

お局への対応に消耗して仕事が疎かになっては自分が疲れてしまう。

できる限りのことをやってもうまくコミュニケーションが取れない時はそれ以上踏み込まず、適度な距離感を保つようにしよう。

何か言われても過剰に反応することはせずに、受け流すようにするのだ。

自分の仕事さえきちんとこなしておけば、何か指摘されてしまっても問題はない。

気にせず自分の仕事に集中すべきだ。

社内の相談機関に頼る

後輩には強気でいられても、目上の上司には弱いことが多い。

そのため、どうしても自分で解決できないことがある場合には、人事に相談し協力してもらうと良いだろう。

しかし、人によっては状況を悪化させてしまうリスクがあるため、うまく立ち回れるコミュニケーション能力を持つ人などにお願いする必要があるのだ。

★転職も考えよう

自分としてできる努力は全てやっているのにお局様からの攻撃が収まらない、仕事にも支障が出てしまうという場合は、それ以上頑張り続ける必要はない。

我慢しすぎて心と身体が疲れてしまっては取り返しがつかなくなる。

新しい職場への転職を検討してみよう。

おすすめの転職エージェントはこちらをクリック。

★退職する

お局の相手は馬鹿馬鹿しいので、そんな会社は辞めてしまうのもひとつの手だ。

新たな環境を探し、そこで人生をやり直そう。

退職したい人はこちらをクリック。

★終わりに

お局の特徴について理解が深まっただろうか?

現在、被害に遭っている男性は一刻も早く、対応すべきである。

愚かなお局が幅を利かせている会社を辞められる方法は↓こちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43