• 水. 2月 21st, 2024

乱世の風

「社会風刺」「商品レビュー」を中心としたブログ。将来的には風変わりなカテゴリーばかりの摩訶不思議な世界を構築する。

警備業界における労働環境の問題点と退職したい人におすすめの退職代行を紹介!!

警備員になりたい人、絶対にやめとけ!!

入社して一週間もたたないうちに退職するのは目に見えているからだ。

また、もう警備員をやめたい人は今すぐにでも退職すべきである。

警備員は長く続けるべき職業ではない。

特に若者は絶対に就業すべきではない。

長く働けば働くほど同年代の友達との収入格差が開いてしまうからだ。

この記事では、警備業界の問題点をこれでもかとばかりに挙げている。

警備の仕事をしている人やこれから警備員になろうとする人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

★ブラック企業が多い

24時間勤務の直後に長時間の勤務がはじまることが多く、なかなか家に帰れない。

36時間も続けて働かねばならないので、こんなことをしているといつか倒れてしまう。

寿命を削るという理由で大きな問題となっているのだ。

★安月給であること

昇給がなく、バイト同然の待遇でこき使われる。

事件が発生した時に命を落とすことがないとはいえないにもかかわらず、時給換算で1000円程度の給料なのだ。

★社会的地位が低すぎる

警備員は社会的地位が低く、何の権限もないため、なめられやすく、暴言を吐かれたり、責任の押しつけの被害を被りやすい。

挨拶しても無視されるのは日常茶飯事で、酔っ払いやクレーマーの相手といった面倒なことを押しつけられたりするので、人間扱いされないという有様だ。

★スキルが身につかない

警備業界は何のスキルも身につかず、他の業界に転職した際に全く使い物にならない。

資格手当も雀の涙で苦労して勉強した時間が無駄である。

自身の成長を考えたい人は警備を続けるべきではないだろう。

★若者がするべきではない

警備員は墓場の骸骨そのもので、とても若者には勧められない。

将来のある世代がおっさんに混じって巡回や旗振りなど人生の無駄遣いだ。

そもそも、警備員は高齢者とおっさんの仕事であり、若い世代が来るところではない。

今しかない若い時を自分の成長のために使おう。

★退屈すぎる

警備の仕事は何事もなければいるだけになってしまうことから、時間の流れが非常に遅い感じがする。

それによって、退屈で死にそうになる。

この時間を使って読書でもできればいいのだが、契約先の関係者に見つかると出入り禁止になり、ハードな現場に左遷されるので、暇との戦いを強いられる。

スキルUPをしたい人には耐え難い苦行なのである。

★氏素性の知れない人が多い

警備員は落ちこぼれの境遇の人が多く、氏素性が知れない。

故に、盗難事件が多く、隊員同士の喧嘩も多発する。

教養と常識がない人ばかりで何をするか分からないので、一緒にいるとひどい目に遭う。

まじめな人間から辞めていく業界であることから、残るのは落伍者ばかりになり、業界そのものの質が低下するのだ。

★能力と人格のレベルが低い

仕事ができない人と性格に癖がある人の集まりである。

警備員は烏合の衆で駄目人間の巣窟だ。

生きることを諦め、その日暮らしを送る人も多いので、それの仲間になってしまうのが嫌な人にはおすすめできない職業なのだ。

★誘導の現場がハードすぎる

車両や歩行者の誘導は過酷である。

特に、真夏の誘導は地獄以外の何物でもない。

あんなことは続けるべきではなく、命の方がはるかに大事だ。

炎天下であるにもかかわらず、日差しから逃れる方法が何もない状態で立ち続けるなど正気の沙汰ではないのだ。

★今どき軍隊のようことをする

警備業界は令和になっても帝国主義のようなことをしている。

戦時中から進歩していないため、パワハラも多く、いじめもしばしば起きる。

それ故に退職者が多く、慢性的な人手不足に陥っているのだ。

★わずかなメリット

警備会社のメリットらしきものは以下の2点のみ。

だが、この2点も自分を堕落させるものなので、あまり良いことではない。

早いうちに見切りをつけるのがよさそうだ。

無人の現場は楽

自分(警備員)以外誰もいない現場に配属されると、さぼり放題だ。

漫画やゲームを持ち込んで遊んでいればいいのである。

それで金がもらえるなど笑いが止まらないのだが、怠け癖がつき、自分のためにならないという欠点が存在する。

楽なのはいいのだが、遊んでいる光景が防犯カメラに写されると、さぼりがばれてしまうため、大きなメリットとは言い難い。

事件がなければのんびりできる

何事もなければ平和そのものであるため、のんびり働ける。

いるだけで金がもらえる状態になり、気楽そのものだ。

だが、その反面、「俺は何をしてるんだろう?」という虚しさがこみあげてくることがあるので、人生の充実度を上げたい人には無駄な時間となるであろう。

★終わりに・・・退職代行紹介

ここまでを読んで、警備をやめようと思った人に退職代行をおすすめしたい。

退職代行とは本人に代わって業者が退職に必要な諸々の手続きを行ってくれるというサービスで、一切会社に顔を出さなくていいのが特徴である。

本記事で紹介する「退職110番」は弁護士運営のため、法律に強く、即日で退職できるのを強みとしている。

退職110番は未払い金請求や慰謝料請求など、各種請求・交渉に完全対応でき、社会労務士および弁護士資格を有する為、様々な労働問題に関する知見・ノウハウを有し、かつ、法律上のトラブルに対してもしっかりと対応が可能である。

トラブルなく確実に退職したい人や会社に対して賠償請求をしたい人におすすめの代行業者なので、警備員をやめたい人に、ぜひおすすめしたい。

退職110番の公式サイトは↓こちら。

閑話休題。ホワイト企業で働きたい人、こちらをクリック。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

コメントを残す


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43

Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs184531/dragon-illusion.com/public_html/ultimate.dragon-illusion.com/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 43